ヨノワ好きのブログ

ヨノワール好きがお送りするヨノワ好きの為の記事

【ポケモン剣盾ダブル】ともしびカップ3位ヨノワ入り構築【仲間大会】

f:id:kizuku22382383:20191212182702j:plain
仲間大会ともしびカップ使用構築


1. はじめに

 皆さんお久しぶりです・。・
あろ~ら~♪な人もソードシールドからの参戦している人もよろしくお願いします^~^

 上記のダブルバトルにおける仲間大会(個人主催のルールありのインターネット対戦)において、夜9時から12時までの3時間で最大15戦戦えますよ~って大会内容、465人参加してたんですが、意外とマッチング自体は(特に序盤)人が少なく感じ、たいみつ(「対戦相手が見つかりませんでした。しばらく時間を空けてから(略」)も多く、結局6勝1負で1567となりました。

 今期始まって間もない対戦環境ですが、一度煮詰めるために、本構築を公開しておこうと思いました。では、僕のポケモンたちの自己紹介をばしていきます。

 本記事はポケモンにおける専門用語がつらつら述べられているので初めにご了承いただければと思います。

2. 使用ポケモン

 ノワール せいかく:なまいき(特防↑素早さ↓) 持ち物:達人の帯 とくせい:おみとおし
努力値 HP252攻撃252特防4 素早さ最遅個体
技構成 じしん かげうち じゅうりょく トリックルーム

 ドサイドン せいかく:なまいき 持ち物:弱点保険 とくせい:ハードロック
努力値 HP4攻撃252特防252
技構成 10まんばりき いわなだれ ばかちから つるぎのまい

 タチフサグマ せいかく:ようき(素早さ↑特攻↓) 持ち物:いのちのたま とくせい:まけんき
努力値 HP4攻撃252素早さ252
技構成 インファイト はたきおとす アイアンテール ブロッキング

 アーマーガァ せいかく:しんちょう(特防↑特攻↓) 持ち物:食べ残し とくせい:ミラーアーマー
努力値 HP252防御4特防252
技構成 ブレイブバード アイアンヘッド ビルドアップ はねやすめ

 イエッサン せいかく:ずぶとい(防御↑攻撃↓) 持ち物:ラムのみ とくせい:シンクロ
努力値 HP252防御156特防100(←意図なし努力値直すための木の実足らなかったため)
技構成 サイコキネシス このゆびとまれ ねこだまし しんぴのまもり

 ウインディ せいかく:おくびょう(素早さ↑攻撃↓) 持ち物:オボンのみ とくせい:いかく
努力値 HP252防御4素早さ252
技構成 ねっぷう バークアウト まもる おにび


3.  いろいろと

 まず今作始まって以来、ポケモン剣盾ダブルに流行っていたのはペリッパー+ルンパッパ+カマスジョーによる雨パや、バンギラスドリュウズウォーグルなどの砂パでした。その後、ブリムオン+イエッサンやバタフリー+ブリムオンなどのトリックルームパーティも流行り始めました。

 今回の構築も分類でいえばトリックルームパではあるのですが、ドサイドンの素早さを最遅にせず、ヨノワにトリル下で上を取られるようにしましたし、場合によってはヨノワールにはトリックルームをさせずにそのまま攻撃してもらうプランもとても強いです。あとこれは今後開拓によっては変える部分は多いのですが、サマヨールドータクンのように、ドサイドンを最遅にして、じならしを撃てば、弱点保険が発動する構築よりは、ヨノワールの実数値を知る人からすると「少し戸惑うかもしれない」戦術ではあります。

 そもそも、トリックルーム軸でも最遅にする理由が薄いんです。トリックルームしてる間に殴られる可能性もヨノワールドサイドンの並びならあり得るからですね。本来、じゃくてんほけんはシングルバトルにおいては受動的アイテム…要は相手によって左右されがちなアイテムなので、弱点を突いてくる人、突かずに隣を殴ったり弱点じゃない技で攻撃したりされます。ダブルバトルでは、隣のポケモンが発動させるという能動的使用方法ができるため、狙ってAやCを上げられますが、その際、重要なのは隣のポケモンじゃくてんほけん持ってるであろうポケモンの素早さ関係ですね。

 ヨノワールは45族、ドサイドンは40族、ちょこっと個体値をいじればすぐに抜き抜かれの関係を築けます。ま、そこがサマヨールとの違いであり、ランクマッチにおけるランダムに且つ使用個体をすぐ変えられる試合形式の強みではあります。(中にはトレーナーネームでメモされてる方もいらっしゃるので…) 初手に地震+弱保発動後のダイマックス技をされるか、2ターン目にそれが来るかの読みですね。

 もちろん、初手にそうされるなら悪タイプなどのポケモンでヨノワールを狙っちまえば言い訳なんですが、そこにタチフサグマ君や、初手選出にドサイドンの代わりにイエッサンなどが居てくれると安心してトリックルームが貼れますし、敢えて下から弱点保険を発動させてもドサイドンダイマックス技がそもそも強いので関係ないわけです。 

 とはいえ、もちろん付け入るスキはたくさん見つかったので、そこを今後賄っていきたいと思っています。

 とりあえずなんか結果出てうれしかったので記事にしました。最後に今、YouTube始めたので偶に放送してるのでよろしくお願いします・。・(あ、こいつ宣伝も兼ねて記事書きやがったな?クソが!!!)
 
www.youtube.com

【ダブルS15構築】はらだいこ自己暗示ヨノワパ【最高1787最終1745】

 

 1. はじめに

 みなさんはじめまして!それ以外はお久しぶりです・。^

    自称ヨノワール使いことktです・。・

 

    シーズン14までは、シングル勢として、ヨノワールを主軸に組んだ対面、積み、受けサイクルを組み入れた構築を使っておりました。

    この度、ダブルレートにおけるヨノワールを軸にした並びをずっと試してみたかったので、少しずつ育成個体を増やしながら潜って試してを繰り返しました!

 

    もとは、シングル勢ゆえに、ダブルに対してはあんまり興味はなかったのですが、ヨノワールで「トリックルーム」を活かすには、シングルバトルだと、あまりにターンが足りないと思ってました。

    それならと、ダブルで活かせないか?ってのが始まりかなと、、、ダブルの有名な並びとか、その並びが何をしてくるのか。とかはYouTubeで見たり、対戦を通して学ぶ、構築記事があれば幸運…って感じでしたね 。

 

    ダブルに興味が出てくる1番の理由は、シングルで所謂マイナーと呼ばれるポケモンがダブルにおいては、とても活躍出来る場になりうる為、かと思います。

    どんなポケモンでも可能性はあるのですが、現在は人口が少なすぎて、あまり開拓も進んでない(同じポケモンばかり使われがち)というのが、個人的見解です。

    今後、剣盾が発売された後以降に、新たな環境で色んなポケモンの活躍を期待してます。

 

 それにしても、ダブルレートにおけるヨノワールの構築記事ってほんっとに無いんですね…びっくりしました^。^

 

    普段は基本的に対戦狂ゆえに、レートに潜るメンタルがなくてもフレ戦を挑まれれば、時間さえ空いてたら闘う人です!

    以下のトレーナープレートのフレンドコードが自分のものなので、フレコをDM等で教えてくだされば!シングルorダブルで!!対戦!!!よろしくお願いします!!!!

 

    文面は、物書きと言えるようなものでは無いですが、構築自体は自信はあるので、ちょっとした文献として残せたら良いなと思い、書き上げました。

 

    ぜひご覧下されば幸いです。

 

   〖追記に関して〗

    これまで選出やポケモンの採用理由、立ち回りなどが構築記事としてはあまり深く考察されておらず、第三者視点から見ても、参考にしにくかった点が大きかったが、この度、いろいろ追記させて頂いているので、当初挙げた構築記事よりは多少第三者視点から見てもある程度わかりやすくなり、参考にしやすくはなったかなと思います・。・れいかちゃんなの

 

【追記】

S16について追記 2019/9/21

ポケモンの紹介文、大幅追記 2019/10/10

選出や立ち回りを大幅追記 2019/10/12

ヨノワを扱うにあたるダメージ感覚の追記 2019/10/13

参考試合のBVの追記 2019/10/16

ポケモン紹介をぽけふぁんにあやかり変更 2019/10/18

2.コンセプトにてヨノワールの採用理由記載 2019/10/25

ポケモン紹介追記&構築経緯一部追記 2019/10/31


f:id:kizuku22382383:20190619000633j:image

ノワール使いといえばフヨウさん!(偏見→ポケマスでの採用で認められました!やったぜ←ORASでも使われてた)

 

 つい最近『全国ダブル』にハマりました!…そこで以前から使ってみたかった『ヨノワールカビゴン』の並びを軸にS15は潜ってみました!

 

 ヨノワールで「トリックルーム」を貼り、カビゴンで特性「くいしんぼう」で混乱実を食べながら積む「はらだいこ」によって得られる脳筋パワー†

ノワールが「自己暗示」することで脳筋パワー†を模倣してゴリ押したいというコンセプトのもとダブルレート自体は初心者ながらも試行錯誤を続けてみました・。^


f:id:kizuku22382383:20190620095037j:image


f:id:kizuku22382383:20190618190803j:image

 …最終日に結構潜って18チャレに負けたりしながら、最終日の午前3:30地点ではこんな感じでしたー・。・

 

  2. 構築経緯

 まず、1. はじめに で言った通り、基本軸として、コンセプトとしては上記の通り、「ノワール」と「カビゴン」を採用して、「はらだいこ」+「じこあんじ」をトリックルーム下で行い、ごり押すこととしました。

 

    まず、ヨノワールである意味は、個人的な好みというのが一番ですが、、、

トリックルーマー

S45族の中鈍足

自己暗示を覚える

特性「おみとおし」で相手2体の道具が見れる

A100の中火力

H45BD135の中高耐久

ゴーストなので猫騙しが効きにくい

タイプ一致の先制技持ち

いわなだれという範囲技持ち

     …とまぁ、こんだけあるのはヨノワールだけなんです。これにより、「初手に出しやすく、トリルを邪魔されにくく、相手の道具見透かしにより戦術の組み立てのしやすさと、トリラーがアタッカーになりうるスピーディさ」を兼ね揃えたポケモンが弱いわけが無いのだ!(某600族(ry)

 

 …と、ここまでを踏まえて、ヨノワールで安全に「トリックルーム」を貼るための要員を何匹か検討しました。

 経緯としては、最初は「カプ・テテフ」でした。しかし、エスパータイプと、素早さ種族値95では「リザ+ドラン」による晴れ熱風コンボや、「雨+雨アタッカー」の雨濁流コンボ、「ゲンガーガエン」の並びだと悪とゴーストタイプの弱点が被るので、安定して「トリックルーム」が貼れなかった上に、貼った後もカプ・テテフ自身中途半端に素早さがある上に安易にヨノワールカビゴンの並びに繋げにくかったので動かしにくかった。

 そこで、一般的なトリルサポーターとして有名な「こだわりスカーフルカリオ」による命懸け、と「レベル1トゲデマル」をツンデマルのような使用感でそれぞれ連続して運用してみましたが、正直言って、操作感の慣れのなさもあるかもしれませんが、個人的に肌に合わなかった点と、爆発力防御面がどうしても足りてるとは感じられなかったです。それゆえ、こちら側の残ポケが減るだけの展開も多く、上手くいきませんでした。 

 

 個人的には「トリックルーム」に関わらないところに負ける要因があったとは思います。例えば、メガゲンガーによる「ほろびのうた」への対処の不明確さ、水ポケモンに多い「くろいきり」、トリトドンモロバレルによる「クリアスモッグ」あたりに対して著しく弱かったです。

 

 なので、少しでも対処できるように、対ほろびのうた構築兼威嚇+ねこだまし+補完として「ガオガエン」を採用。

 

 本来ならゲンガーガエンの並びに「威嚇+猫騙し」でトリルを貼りつつ、滅ばれてても、次ターンとんぼがえりを味方に撃つことで元々逃げられるヨノワ、それに準じてガエンも確実に逃げられるようになってます。

 

  「カビゴン積んでくるなら、その直後に対処しよう」とくろいきりクリアスモッグでの処理に対しては、「如何にはらだいこのタイミングをズラすか」ということで対策とするここを検討しました。

 

 具体的には、1つ目にトリックルーム+はらだいこで、下から腹太鼓をして、次ターン上からくろいきり持ちを殴る!が、これでは挑発でトリルか腹太鼓を止められるカプ・レヒレに弱いですね。なので、2つ目の対策として、「もう一体予想し辛いはらだいこ持ちを用意する」ことを考えました。

  

    そこでトリルの補佐が出来て、はらだいこも出来る?しかもスムーズに「じこあんじ」するなら、トリル後2ターン目には、ヨノワールより遅いポケモントリル下で先にはらだいこを積めなければならない

 

^ kt ^ 「はらだいこ持ち検索〜(ポケ徹)……リザ(S100)、ヤドラン(S30)、ハリテヤマ(S50)、ジャラランガ(S85)、うーん…ん?ピクシー(S60)?…ん?…」

 

ピッピ(画像省略)(S35)「ピッピーーーー!!!!(超高音ボイス)

 

 通常、腹太鼓補助として組み込まれやすいこの子は、特性「フレンドガード」によって、実質隣のポケモンは「半状態」、且つ、「このゆびとまれ」で、単体攻撃を防ぎ(吠えるや挑発も吸い込める)、「はらだいこ」も持っており、ヨノワールと弱点も被らず、トリル下でヨノワールより先に動ける。

 

  …良いゾ!…となり、採用!この子なら最悪挑発でもトリル自体は成功するのと、もう一体トリル補佐役に選んだガオガエンで、猫だまし+トリルを張った後、ヨノワ引きピッピ出しでガエンの耐久を上げつつとんぼ返りでヨノワ再降臨して、腹太鼓暗示を起動できる。まさに、防御面においても爆発力においても、悩んでいた枠にピッタリ嵌りました。

 

 残りはひとまず戦いながら調整する意味合いも込めて一旦、くろいきり持ちに多い水ポケモンへの牽制とモロバレルへの胞子対策、ピッピと合わせてジャラランガへの対策のためのカプ・コケコと、地面の一貫切りと威嚇撒き+強いメガシンカ枠+やはりモロバレルへの打点持ちのメガボーマンダを入れて今季臨んだktであった。。。

 

  3.パーティ紹介

 

f:id:kizuku22382383:20191018003235p:plain

 ↑

対ツボラキの為に全部PP増やしてます

 対サナガエンにおいて、フレンドガード下で、メガサナのハイボ+ガオガエンのはたきおとすを耐えます。

 このように、まず最初に、この構築を使う上で、ヨノワ周りのダメージ感覚を覚えない限りは、フルに活かせません。非フレンドガード下において、控えめCSメガゲンのシャドボは87.5%で耐える(つまり「C233のパメラゲンガーのシャドボは確定耐え」)、控えめメガリザYの晴れ文字は確定耐え、テテフのSF眼鏡サイキネは乱数75%で耐える特殊耐久と、意地A振りガオガエンDDラリアットは確定耐え(76%~90%)、非持ち物状態はたきおとす56.5%~68.4%という物理耐久になります。

 ちなみに、フレンドガード下のヨノワの耐久はH振りクレセリアとほぼ同等になります。

 

 逆に腹太鼓暗示した後の火力も知っておいていただけたらと思います。A6上昇ダブルダメのいわなだれなら大体のガオガエンはぎりぎり落ちる程度です。A5上昇だとミリ耐えされると思ってください。H振りクレセリアはA6上昇かげうちで87.2%~103%となり18.8%で落ちます。

 

 ノーマルZの理由はただ一つ、「トリルを貼るために狙われた後回復しつつ攻撃も積める技」となる自己暗示Zの為です!

 

 ミミッキュは化けの皮による耐久もあり、自己暗示Zで回復しても旨味を得にくい、ヨノワールはSもとことん遅いし、化けの皮による耐久の高さではないので、トリル下で絶対的な積み技になるんです!さらに、「いわなだれ」が強い!笑

 

 「かげうち」の枠はツボラキを見ないのであれば「サイドチェンジ」や「まもる」でも良いよね。

 

 しかし、いわなだれだと多少火力が足りない部分が見えてきます。具体的には鋼や地面、耐久高めのポケモンに対してトリルのターンの少なさ、範囲技ゆえにタイプ不一致で一体当たり威力75×0.67というのはいささか火力が足りないんです。

 

 あと、自己暗示Zは体力回復しつつ味方や相手のステータス変化をコピーできるんですが、例えば腹太鼓要因のピッピやカビゴンは味方の耐久を上げたり(ピッピ)、腹太鼓されると分かる(カビゴン)ため、ヨノワールと比較して優先して集中されやすいというのもあり、HPを保ったまま自己暗示まで繋げられるケースがあります。

 

 ここからは追記文ですが、その際にアドが取れる「恩返しZ」もありかもしれません。QR化するなら、ノーマルZの威力の関係上、ORASで最遅個体育成して「かいりき」覚えさせますねw 

 

f:id:kizuku22382383:20191018003652p:plain

 ワンウェポン個体の古き良き「はらだいかー」ここも諸説の改善の余地あり

 

 この構築の一つの要潤()カビゴンもピッピもゴーストタイプに何もできないのは正直詰まされる可能性が高いので十万馬力地団駄は採用した方が良いです(トリルを枯らしに来るために猫騙しされやすいので、怯んだ後の地団駄は威力倍増する上に命中100)。

 リサイクルかまもるが入れ替え候補ですかね…多少火力に関しては詳しいダメ計が必要だとは思っています。が、腹をたたいた後、威嚇もよく撒かれるので、難しい(というよりは細かいダメージ感覚が必要)。

 

f:id:kizuku22382383:20191018015304p:plain

 地雷!はらだいこ後生き残ってれば、がむしゃらで削るもよし!このがむしゃらがあれば、はらだいこ出来ずとも削りの役割と隣のポケモンで倒すプランも出てきます!

 ほかの構築記事で採用されてた耐久調整(特殊耐久はコケコの10万Z耐え、残り物理耐久へ)を採用しました。この辺りもダメージ感覚は使いながら馴染んでくしかないっす草

 

 (ちなみにHPが奇数なのは脳死ではらだいこするのに「緑ゲージなら行ける」って判断するためっす…細かいとこだと、総合的な最大耐久値の高さはH極振りである為っていう、らしい言い訳ならあります草)

 

このゆびとーまれ!

 

 まもるの枠はアンコールか手助けでも強いと思います。手助けの場合はトリル選出でない時でも味方の火力を上から補強できる強みがあるので攻防一体で強くなります。更に、「おさきにどうぞ」を覚えさせれば、吠えるやモロバレルのきのこの胞子より早くトリックルームが展開でき、トリル中にもマンダやコケコ達にも攻撃チャンスができますね。また、癒しの波動や、神秘の守り等も一考の余地がありそうです。

 攻撃技に関しても、トリルターン残っているうちに相手の素早さ関係を著しく変化させる全体技「こごえるかぜ」の採用も一検討価値はあります。一応腹太鼓後にA個体値がVの時は実数地65になるので、A6↑はたきおとすで意地メガヘラクロスのはたきおとす程度までは火力が出せる計算にはなります。

 

 素早さ自体は、S39のトリトドンが、ピッピ(S35)とヨノワ(S45)の間に行動してくるので個人的には最遅トリトドン抜きまで個体値を上げてもいいとは思っています。

 

f:id:kizuku22382383:20191018004727p:plain

 

 とんぼがえりはサイクル回すのにも、滅びロックから逃げるにも便利!威嚇し直せるから助かる!ありがとう!

 猫だましはどんな場面でも活躍します。はたきおとすの枠をけたぐりに検討したり、準速にして、「さきおくり」にしてみたり?つるぎのまいで高圧的になる型も楽しそうですね・。・ 

 

 素早さが早いととんぼがえりピッピに繋げてヨノワでトリルを成功しやすくできます。そういう意味では素早さが早く威嚇ができるランドロスにしてもいいかもしれません(猫だましはないけど)。

 

f:id:kizuku22382383:20191018010247p:plain

 

 バレルジャラランガ対策、雨パで強引にラグラージを突破を狙うヤンキーくさむすびトリトドンにも有効、ボルチェンでピッピ出し(疑似両壁)+トリル→自己暗示Z+はらだいこ、という芸当も出来る。

 

 万が一裏選出をとった際に、パワーが落ち過ぎないようにこだわり眼鏡を持たせて圧力をかけていきたい思いでこの型を選びました。

 

 モロバレルがきつく、レヒレの隣でバレルが怒りの粉で電気技を吸ってくることが多かったので放電も試してみたいです。

 

f:id:kizuku22382383:20191018010838p:plain

 ↑

 正直選出率5%もないからこの枠が今後の課題となりそう

逆に選出出来るようになれば強い枠かもしれない。種族値の高さとバレル倒す為に入れた。リザードンでもいいかもしれない。

 一応他のピッピ構築記事のボーマンダを参考にしてみたり 、ボーマンダりゅうのまいを積むタイミングは重要。シングルの時もそうですが、僕のボーマンダ使う技量あまりに足りなさすぎる…

 ヨノワカビゴンが全く通らないと判断したとき選出する枠。個人的には、もっと開拓できるかとは思っている。

 

 4. 選出や立ち回りなど

 スタンダード

表選出 ヨノワール・ピッピ

裏選出 カビゴンガオガエン

 基本選出はこれ!ヨノワでトリルはりながらピッピは相手の攻撃技を吸ってあげる。トリルが止まるパターンは、範囲技を二体がかりでごり押し、フリーフォール(この指貫通)、ピッピに猫だましからのヨノワへ挑発、トリル返し、などがある。

 トリル後はピッピ腹太鼓orがむしゃら+ヨノワ自己暗示or雪崩へと繋がる。トリルターン消費しきる前に決着をつけたいので腹太鼓によるピッピの疑似自己退場行為は個人的にはありがたい。

 腹太鼓暗示中にトリル返しされる場合はトリル返すポケモンはゴースト弱点も多いので、ヨノワの影うちがゴリっと決まる。

 

BV(一例)

EWFG-WWWW-WWXB-HXT7(基本選出)

H38G-WXWX-WWXB-H2X5(物理耐久重視選出…だったが試合自体にはあまり影響出なかった試合)

 

 対サナガエン、ゲンガエン

表選出 ヨノワールガオガエン

裏選出 ピッピ・カビゴン

 ガエンは即ピッピ引きすることで、ガエンのDDラリアット+メガサナのハイボも耐えつつ、次のターンピッピの体力が残ってるため、腹太鼓暗示が決まりつつピッピはハイボで落ちるであろう。

 ガエンである理由の一つが次のゲンガエン構築だろう。ゲンガーが滅びをしてもガエンは味方へとんぼ返りすれば安全に帰れるし、ヨノワはゴーストなので影踏まれない。ガエンをランドロスにする場合は相手の動きをいろいろ想定すべきであろう。

 例えばスカーフか地面Zかまではこの対面ならバレにくいので、地震Zを止めに来るのかトリル展開を警戒するためヨノワへ集中砲火するのか等あげられる。

 

BV

TX7W-WWWW-WWXB-HXEY (対サナガエン)

 

 対リザドラン

表選出 ピッピ・ヨノワール

裏選出 TPO(要は臨機応変に)

 正直最初はマンダコケコでって思ったが、スカーフヒードランの日照り熱風がきつ過ぎるのでやっぱりピッピヨノワで。ピッピ守る+ヨノワトリルが無難。

 相手想定ヨノワ集中するとピッピに吸われることが頭にあるので一番火力が出やすい熱風コンボで来る可能性が一番高い為→もちろんそれを踏まえてあえてヨノワールに集中されると厳しいが、熱風コンボならフレンドガード込みでトリルは晴れる可能性が高い。一応ヒードランが珠までなら、両熱風をヨノワールが確定耐えします。

 トリル後は、片熱風がはずれてた場合はピッピ生存ルートなのでがむしゃらをドラン方向へ打ちつつ、雪崩押し。リザは守る可能性は高いが、ピッピの削れ具合によっては、がむしゃら+雪崩でヒードランが落ちれば万々歳。熱風が両命中なら、カビゴン死に出しからの腹太鼓による圧力は少なくともかけてゆきたい(ヨノワが雪崩するか自己暗示Zするかは選択となるが、安定は雪崩)。

 スカーフランドロスを採用するなら初手ランドロスノワールにして、もちろん最速スカーフヒードラン抜きまで振らねばなるまい。どの道、ここまでの立ち回りもそうだが、ノワールがお見通しで先に持ち物を見れるアドバンテージの高さは間違いなく固有の強さになる☚ここ重要。

 

   対雨パ

表選出 ピッピ・ヨノワール

裏選出 カビゴン・コケコorガエン

 この構築を使ってて一番「得意分野にしている構築」であることは間違いない。先発がトノパッパだろうがぺリパッパだろうが相手の持ち物が珠眼鏡Zだろうが、こっちはピッピこの指+ヨノワトリルで崩壊まっしぐら。相手にナットバレルがいるときだけ不穏な空気が流れる。

 

BV

67NW-WWWW-WWXB-HXZW(対限界雨)

8RBG-WWWW-WWXB-HXKK(対若干変則雨パ)

 

 基本的には、トリックルーム+このゆびとまれで初ターンの行動は何とかなる。初手が終わったターンに残ったピッピのHPが重要で、半分以上ならはらだいこしても良いし、がむしゃらやこのゆびでも対応可能。半分以下ならがむしゃら+岩雪崩でごっそり削れるはずである。倒されたならばカビゴン死に出しからのはらだいこ+じこあんじで詰めていきたい。くろいきりを警戒するならばヨノワールガオガエンに引いてカビゴンは守るか攻撃かの選択になる。

それぞれ追記してあまり必要ない文章になってしまったけど一応残しとくか()

 

【追記】記事を上げた直後の読者さんからのアドバイスから考察

 

    初手の並びについては、まだまだ検討しがいがあり、ガオガエン+カビゴンねこだまし+はらだいこをすればカビゴンのきのみをはたきおとされず、ハイパワーで殴りに行けるのでは?

    さらにガオガエンからピッピに引けばフレンドガード発動でカビゴンへのサポートにもなりますし、ヨノワールに引けば、トリル択を相手に迫れる?!

 

 5. さいごに

 本来であれば1800を超えた際に記事を上げたかったのだが、ダブルレートを始めて結構感じているのは、「構築組みなおしたいけど参考文献多くないからシングルに比べて構築練度上げにっく!(憤怒)」となったので、自分にとっても、今後の糧になるように上げさせていただきます*1

 

 来期は、これらを反芻して昇華して1800越えて5ページ目に入りたいです(今期は最終1745で112位だった)

 


f:id:kizuku22382383:20190921142833j:image


f:id:kizuku22382383:20190921142850j:image

   S16は序盤元気マンだけして後半14へ堕落しました。。。とほほ(途中までは5ページ目には入れたけども…)

 

   改良点はいくらか見つかり、最近始めたS17でも多少ポケモンは違えど基本立ち回りは変えず、1700代までは到達しているので、またどこかの構築記事内でお会い出来るように努めます。はい(✌・᷅ὢ・᷄ )✌

 

質問や御相談はTwitterツイキャスなどからDMやコメントなどいただけたらお答えします・。・

 

Twitterツイキャス kt:@kizu2anipoke

*1:

全てのヨノワ好きへ

最近暑いですねぇ〜( ب_ب )

 


f:id:kizuku22382383:20180817004054j:image

雲一つ無くて草(あちーよ)

 

久しく記事を書いてなかったなぁ…と思い、筆(スマホ)を手に取ってる次第でございます📱

 

本日は全てのヨノワール使いにお送りする、シングルバトルにおけるヨノワールの活躍方法について考察していこうと思います💪

 

みんなの自慢のヨノワールの型も知りたいなぁ(意見求む!)

 

…とまぁ、ここから常体で、まず、現環境においてヨノワールを活躍させる方法は、①補助技 & 持ち物を活かしたアシスト型と、②辛くもA100を活かしたアタッカー型に分けられる。

 

①は、ヨノワールの霊単体タイプと、BD135を活かした耐久を持ってアシストする型となる。

 

 具体的には、a.裏のデンジュモクポリゴンZなどの積みエースへ繋ぐ完全アシスト型と、b.トリル展開による、クチートシザリガーなどへの、アシスト + 彼らの苦手なポケモンを対面から倒す ダウンロードポリ2 的使い方の2種類になる。

 

 単なるサポート型では耐久的に、奇石サマヨールで良いので、持ち物or攻撃を活かした型が主流になる。

 

②は、必要最低限ある火力と、H振りだけでもある程度耐えうる耐久、汎用性の高い技範囲を活かした型を模索した。

 

 その結果、最終的には、Zを活かした型、こだわり鉢巻型、とつげきチョッキ型が有力であろう(一応他の候補としてラムのみや、弱保、混乱実も挙げられる)。

 

 特に、こだわり鉢巻型は、ヨノワールに足りない瞬発的火力を補えるベストではないがベターな持ち物と言える。

 

 とつげきチョッキ型は、こだわり鉢巻と違い、撃ち分けられるが、同ダメージ与えるのに1.5倍時間が掛かるので、対面では勝てるがサイクルを回されると場合によっては削られる一方になる為、サイクル崩しには不向きである。

 

また、Z技は役割破壊としては優秀ではあれども、ヨノワールの撃てる最大のZ技は、きあいパンチZであり、シャドーパンチZ=じしんZと火力不足が露呈している為、実用しづらい。

 

こだわりハチマキはヨノワールの火力不足を補うアイテムの中でZの次に高い補正率がかかる。その上、ヨノワールというポケモンの認知度の低さから挑発から入られたり、安易な積みをされたり等、アドを取りやすい。加えて、トリックで持ち物を入れ替えたりなどトリッキーさも備えている。現在の私のハチマキヨノワールはフルアタとしているが、構築次第ではトリックも入れられるであろう。

 

 両案とも過去記事に詳しく記載しているので、そちらを参照にして欲しい。(夏バテしたから記事を早く書き終えたいだなんて思ってないから…)

挑発鬼火ヒードラン

お久しぶりです!

就職先の新人合宿中のktです🙋

 

上記の通り、合宿中なのでポケモンする時間は無く、ただただ考察だけしてる日々です…トホホ(´‘▽‘`)

 

そこで、今回はヨノワールを使う上で、とてつもなくお世話になっております、ヒードランについての記事にしたいと思います。

 

常体だのなんだのは良く分かりません←おせーてつかーさい笑

 

ノワールを使う際、役割りとして、起点作り、アタッカー、呪いや毒、鬼火などの変化技主体型の3種類が存在します。

 

その中でもアタッカー型ヨノワールに、相性の良いポケモンであるのがヒードランなのです

 

 

 https://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/heatran.gif

 

具体的には、アタッカーヨノワールは基本的に、中耐久以下のポケモンを対面から弱点をつくことを目的とした型であり、そしてすべからく高耐久や弱点がつけないポケモンには削りが足りずに競り負けることとなります。

 

更に、物理アタッカーとしての弱点である鬼火の誘発や、耐久型としての認識があるためか、誘い込むどくどくを無効化しつつ、且つヨノワールが弱点をつけない、フェアリーに強いポケモンである💪

 

さらに、ヒードランの苦手な格闘(バシャーモルカリオ、※キノガッサフェローチェ)、地面(ランドロスガブリアス、※カバルドン、※ラグラージ)、水(レヒレ、アシレ、マリルリ、※スイクン、※ミトム)をヨノワールが対面から倒せる算段がある(※怪しい)ために、誘い込んでもらって事前、もしくは釣ったり後出ししたり交換を読んで鬼火を入れれたりすると、倒せて勝てる🙆

 

そのため、鬼火は出来れば欲しい、あと受け出す前提なので風船は好ましくない。毒みがではなくなるのでたべのこしによる回復も中長期的戦い以外では不利を取る。

 

フェアリーに強めに出たいならラスカノは欲しい所であるが、対リザXやヒードランへの打点のだいちのちから、耐久をマグストと鬼火で潰すとなると、高速回復技を防げるちょうはつは欲しくなるところ。

 

そこは、ヨノワールヒードランの裏に仕込むポケモン次第となるのであろう。

 

とりあえず、ヒードランについて語れるところは、ある程度語れたのではないかな?と思う。

 

みなさんもアタッカーヨノワールの相方にぜひ、このヒードランをオススメします。

【USUM S7最高1904】ヨノワール構築記事【シングル】

 

はじめましてktと申します!!

 

 追記 : ヨノワールについて加筆(2018/12/24)

 

 まず、はじめに自分はブログを始めたばかりということもあり、文章の組み立てや話の展開に不十分な部分が目立つかと思いますが、徐々に改めて行こうと思っていますので何卒よろしくお願いします!

 

 それと、ときどき追記内容を更新いたしますので、それもまたよろしくお願いします!

 

 本稿ではヨノワール入りの構築でS7を最高レート1904のパーティを紹介する記事となります。



f:id:kizuku22382383:20180124183942j:image

TNはktで潜ってました

 (レート証拠写真は初めてなのでドキドキして写真の顔まで入りませんでした:( ;´꒳`;):)

 

 初めての1900越えなのでとても嬉しいです!!(その後さらに上を目指してみましたが残念ながら運に恵まれず最終1735で今期を終えました…)

 

 

 

  • パーティ構成

https://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/dusknoir.gif

 ノワール@こだわりハチマキ 選出率3位

いじっぱり  おみとおし

143-155-156-X-157-85

じしん れいとうパンチ かみなりパンチ かげうち

 

 ノワールというポケモンは対戦相手からしても攻守の面で何をしてくるか分からないといった対応をしてきます。その中で相手は彼の最も嫌う型を恐れた対応をしてくるか、1発で仕留めようと試みるはずです。

 

 それが毒や鬼火、呪いを警戒して、耐久ポケモン達の後出しをさせにくく感じさせたでしょうし、逆に甘く見て積んできたりもしまして。。。

 

 元来、初手に出しやすい特性なのですが、持ち物と上記の通りの相手の立ち回りの不安定さから、後ろに控えさせる方が安定します。

 

 もしくは初手から出して、特性「おみとおし」で持ち物だけ判断して裏に引く戦術もありです。

 

 ここからは、ヨノワールの型紹介です。彼が少しでも上を取れるように、HとAを強引に削ってSに割いております。

 マリルリアシレーヌシズクモやガラガラベトン、バンギクチート、カグヤ(HB or HDなど)、ラッキー(4割削れば後出し不可)や無振りに近いジバコ、ガオガエンギルガルドエンペルトラプラスシザリガー辺りは抜けます。

 これでも、変幻ゲッコのカノンZやスカーフサザンのあくのはどうくらいまでは耐えられますし、鉢巻のおかげで火力は充分あります(メガルカリオメガゲンガー無振りメガバシャーモ地震で確1)し、叩き落とされてもブレードギルガルド地震で確1です。

 

 さらに、かみなりパンチでレヒレやカグヤを、影うちメガゲンガーミミッキュ(ASをステロ込みで1発)メガメタグロス(ASを乱数2発)などを大きく削れること、サイクルの中で最後に残しておけばおそうじ役も任せられる、またなかなか読まれないです。

 

 こだわり鉢巻は瞬発的に火力が上げられるので圧力をかけやすいことが大きかったです。

 

 基本的には削りが彼の役割であるため、後続のアーゴヨンギャラドスが起点しづらいレヒレグロスガルドなどの相手を削る役目くらいが起点にもされづらく丁度良いです。

 

最近判明したのが、ポイヒグライオン(177-150)をハチマキれいとうパンチで確定で落とせることですね。グライオン側からはどくどく安定の対面でもあるので虚を突いて落とせるのは大きいですね!

 

 Sを4振りカバルドン抜きにして、HAに振り分けた型にすると、メガゲンガーシャドーボールの乱数が安定します(37%→6.3%)。また、トリックで持ち物を固定させる役割を担わせる場合はかみなりパンチを抜く案もあります。

 

     https://pokemon-with.com/wp-content/uploads/a-go.png

(まだgifが無いようなので)

 アーゴヨン@ドラゴンZ 選出率 4位

おくびょう  ビーストブースト

148-x-93-179-94-190

りゅうせいぐん ヘドロウェーブ かえんほうしゃ わるだくみ

 

 H振り程度のヒードランはC2↑ドラゴンZで落とせる。穏やかドランを考慮しても削れる算段が出来ていれば、ドランが居ても気にせず出してました。ただヤンキーツッパするのが怖い。S8ではバンギラスやチョッキランドロス、アロベトン、カバウツロなどの顎受けや、スカーフサイキネウルガなどへの即引きなど、思ってもない方向からの対策などが増えたので、アーゴヨンで積むのか、攻めてSを上げるべきなのかの択が更に難しくなった印象を受ける。

 

 HはCを削って151になるように振ると地球投げやステロ宿り木ダメなどに強くなる。また、HSベースにすると、グロスのアイへ耐えや、アナライズポリ2の冷B耐え、穏やかドランの大地耐えなど出来る

 

     https://www.pkparaiso.com/imagenes/sol-luna/sprites/animados/tapubulu.gif

 カプ・ブルル@とつげきチョッキ 選出率6位

いじっぱり  グラスメーカー

173-200-135-x-115-100(これまで99だと思ってた笑)

ウッドハンマー ばかぢから(マジカルシャイン) ウッドホーン がんせきふうじ

 

 刺さりが良いと感じたり、テテフやカバが厄介だと思った時選出(困った時には選出することもある)。多くの草受けを呼び込んでくれました。ガッサ対策にマジカルシャインを入れるとポイヒ型にも強く出れます。

 

  https://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/heatran.gif

 ヒードラン@たべのこし 選出率1位

おくびょう  もらいび

193-X-127-151-136-136

マグマストーム だいちのちから ちょうはつ おにび

 

 信頼性が高い子でした、マグストと鬼火を当てれば。笑

 ポリゴン2やラッキー、ムドー、ドヒドイデフシギバナ(地震持ちはブルルとセットで)はこの子で処理してました。マグストからの挑発大地で確実に処理出来るのは強みですね!

 

 序盤の有利対面は必ず鬼火を選択してました!

 

 更に最速ガッサ抜き(最速メガバンギ抜きに変更しました 2018/4/17)まで振っているため、テッカグヤギルガルドなどのS振り型にも対応出来たり、ドランドラン対面も上からだいちが撃てたり、更にはABミミッキュの上を取れているため、型判定が出来たり、上から鬼火を入れられたりと便利過ぎました!笑

 

 ちょうはつは鬼火やマグストよりも早めに撃って竜舞や瞑想などの積み技を早めに防いでおくべきだと思いました。

 

     https://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/gyarados.gif

 ギャラドス@ギャラドスナイト 選出率5位

ようき  いかく→かたやぶり

メガ前 179-168-100-X-121-146

たきのぼり 氷の牙 挑発 りゅうのまい

 

 Hを実値で10ほどAに回しました(2018/4/17)

 

 無難に強かったです。信用しすぎはいけないけど、それより信用しなさすぎる方がよっぽど悪いのでゲッコ入りには割と入れておきたいし、もっと出してあげるべきだった。めざ電ゲッコ怖い。かと言って草Zも怖かった笑

 

    https://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/hippowdon.gif

 カバルドン@ゴツゴツメット 選出率2位

わんぱく  すなおこし

215-132-187-x-93-67(うちの子はSは54と妥協してます笑)

こおりのきば なまける ステルスロック あくび

 

 パッと見HDカバに見える立ち回りをされました。よく身代わりの起点になったので吹き飛ばし(吠えるでは防音ジャラランガを止められないため)が欲しくなります。

 

 ステロを切って地震か吹き飛ばしでも良いかも知れません。

 

  • 立ち回りなど

 基本的には初手に①ヨノワールか、②刺さってるポケモンを出して、①対面から弱点を突いたり、②対面で倒しに行ったり、交換読みの技(例: ヒードランを初手選出した場合であれば鬼火)などによって掻き乱す。

 

 次に、①相手を削った状態であえて突破される。そして、アーゴヨンギャラドスで起点&突破します!②受けに来たポケモンなどを、ドランなどでポリ2やドヒドらをマグストで閉じ込めたり、ステロ欠伸で削りつつ起点化にしたりします!

 

 うちの構築は、電気枠がいないパーティであるので、電気受けを用意されてない場合もある。

 

 なので、初手ヒレ対面でヨノワールかみなりパンチを選択した場合は相手は交代先に物理受けを用意していない場合、相手は交換するとサイクル負けしてしまうと、判断して居座る場合も多いため、こちらも下手に交換しないことも重要な立ち回りである。

 

 ヨノワールは、技選択する時はしっかり相手の裏ポケと自分の後続(起点化プラン)のことを考えて展開していきましょう(お見通しで道具を透かせるのはその面では凄く助かります)。

 

 うちのパーティで一番お世話になった子はヒードランです!対受けル性能(ラッキードヒドムドー)も悪くなく、ガッサの上からマグストが撃てて、ギャラやランド引き読み鬼火が刺さり、挑発で色々と防げるこの型がヒードランの中で一番好きです!自然と選出率も一番多くなりました。

 

ボーマンダ

グライオン

マンムー(スカーフ)

モロバレル

ギルガルド

剣舞みがわりランドロス

ドリュウズ

 

 正直重たいポケモンばかりだと思います。でも重たいから勝てないって訳ではなく、立ち回りや強気な択を通すことで勝てました。

 

 

では次は2000達成した時にでも記事書きたいっすね!またね!!

 

Twitterとたまーにツイキャスしてるので良ければ見に来てね〜

TwitterID kt:@kizu2anipoke

鉄壁型カプ・コケコ

先々週にウルトラサンムーンが発売されましたね😧💦
 

そんで最近本当にさむい日が続きますよね〜

どうも!…ktです❄

 

 今回のカプ・コケコの型はウルトラサンムーン要素を取り込んだウルトラ仕様のカプ・コケコを紹介していきたいです!

 

 表題のこの型は現環境に多いミミッキュメタグロスカバルドンなどの物理アタッカーに強い型で、リフレクター型とは違ってターンに縛られず、吠えられるか吹き飛ばされるまで永遠に物理に硬くなれるのが強みだと思います(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

 それでは背景と詳しい型紹介をしていきます😎

 

目次

 

背景と型紹介

 

 個人的にウルトラサンムーンで教え技が来たことにより、特に注目していたのがカプ達がどんな教え技をもらったのか?でした!

 

どの子もなかなか面白そうな技をいただいてたのですが、その中でもこれは面白い!…と思った技をもらった子がいたので色々と考察していました。

 

 それが鉄壁カプ・コケコでした🐓

 

https://assets.vg247.com/current/2016/07/pokemon_sun_an_moon_tapu-Koko.png

 

おくびょう@電気Z

候補1

努  236-X-68-4-4-196

ス  175-X-114-116-93-192

候補2

努  204-x-4-12-100-196

ス  171-X-106-117-107-192

技候補

10万ボルト どくどく 鉄壁 羽休め

 

 

 以前に他記事にてリフレクター持ちカプ・コケコを拝見したのですが、このポケモンは技の通りが良いでんきタイプで、更にSが速いこともあって、じめんタイプを強烈に呼び込びます!

 

 だからそれを草結びめざ氷で弱点をついて倒して、でんき技で通していくというのがメジャーな戦い方なんですね

 

 しかし、じめんポケモンサイドは初手コケコを呼んで初手で出してとんぼ返りをしたり、有利対面を利用してのステロ撒き釣り交換、そもそも耐久型なので後出しからでも狩れる、などによりアドバンテージを取ろうとする。

 

 そこでリフレクターがあれば、じしんも受かれて安定択になる…とのことでした。

 

 しかし、自分はこの型を参考にしつつも、じめん崩しを目的とせず、次の2つの方法で崩していくことにしました。

 

 ①ミミッキュメタグロスなどのS上昇系の積み技を持たない物理アタッカーを上から鉄壁と毒とでんきZで倒していく(ただしミミッキュミミッキュZの場合、剣舞と鉄壁の積み合いで不利対面となるが基本的に有利※理由は後述)

 

 ②受け出しに来たじめんタイプにを入れてハガネ(カグヤやムドーなど)や耐久ポケや鉄壁はねやすめなどを混ぜてサイクルを回していき、毒の効かないハガネやドクポケモン、トドメを刺す場合などには電気Zを叩き込む

 

 という以上の2つの方法に落ち着きました!草

 

 この型はまだまだこれから組み合わせなど改善出来るポテンシャルは持ってると思っており、今後もたくさん試して追記していきたいなと思いました🙂➰🙃

 

 そしてこのコケコの努力値はかなり気に入っており、Sを最速ゲッコウガ抜きにして、Hをほぼぶっぱかつ16n-1、残りを出来るだけBに割くと、鉄壁を積む前の状態でもミミッキュZ、意地メガバシャのフレドラ、意地メガマンダのじしん、A無振りカバのじしんなどを耐える耐久を得ました。

 

 しかし、バシャーモは加速、メガマンダには竜舞と鉄壁込みでも不安定な面は否めません。しかもスカーフ持ち特殊アタッカーに変えられれば負け筋となり得ます。

 

 そこで1例としてはBに振ってる68とDの4の努力値を入れ替える案も考えられます。

 

 それが二つ目の努力値案で、これはまだ草案でしかありませんが、ダウンロード調整によりダウンロードポリ2のトライアタックを超低乱数2発(2.7%)や控えめスカーフテテフPFサイコキネシス耐え調整となっております!

 

 Bを多少削ったところであまり役割対象への有利性は変わりありませんので、役割をきちんと持たせて努力値を振り分けていただければと思います。

 

 ちなみにほぼ無振り(4振り)のCに加え、種族値もそこまで高くないので、10万ボルトZはH167調整メガメタグロスに確定耐えされるくらい落とさざるを得ませんでしたが、対メタグロスにおきましては上から鉄壁を積めれば急所以外受けきれますのでご安心を。

  

 使い方としては、序盤は鉄壁or毒を入れて体力を確保しつつ、すぐ下げていきましょう。裏を把握しておかないとこの型のコケコは、電気Zで落ちない特殊積みアタッカーの起点になるからです!(裏にメガクチートなどいればふいうち圏内に入っているので択を詰めれるならそれでも良いかもしれない)

 

 その都合上、裏にはランドロスギャラドス、先述したクチートなどを置いておきたいのが僕の今のところの主観です!(もしくはケアーとしてミミッキュも)

 

 ランドロスの型はスカーフかとつげきチョッキが良いと思っています。

 

 特殊積みアタッカーの起点にされやすいコケコなのでガモスやアーゴヨンに上から殴る最速スカーフ(ガモスが最速の場合を除く)か耐久に厚いチョッキが安心できるからです。(一応1舞メガギャラも抜けるのでコケコで削っていた場合はスカーフで倒せる)

 

 1/2きのみを採用する場合はランドロスにもどくどくを採用することで有利にサイクルを回していきましょう 🙂➰🙃

 

 サイクルを回した後、ミミッキュメタグロスなどを起点に鉄壁を積んで早めに毒or電気Zを叩き込み急所が来ないことを祈りましょう

 

追記: さて、先程の初手のミミッキュ対面について、ミミッキュコケコ対面、ミミッキュ側の視点としては、普通のコケコの10万+10万ZでABミミッキュでも落とされてしまうため剣舞を積んでる場合ではないはずのため、地面に引くかミミッキュZで倒しに来るかナットやフシギバナなどで受けに来るかである。

 

 であれば(とりあえず)鉄壁が安定択となる。万が一剣舞された場合、お相手は鉄壁との積み合いを想定するはずなので次も剣舞をするはずである。

 

 そこで、こちらは10万を撃ち次のターン10万Zを撃てば無振りミミッキュなら確定で落とせる(EFは鉄壁 10万 10万Z なので残ってるはずである)そうでなければ耐久振りなので次のターンABミミッキュ抜きのポケモンで上から倒せば良い。(なのでダメージ感覚が分かってないレート帯では択になる)

 

 ちなみに呪い身代わり型の場合、コ 鉄壁→ミ 身代わり→コ 10万→ミ 呪い→ コ 毒→ミ 身代わりor痛み分けorゴーストZ→コ 羽休めで詰めれる。(羽休めまで来たら途中どこかで下げても良い)

 

 ちなみにこの型のカプ・コケコは、加速や竜の舞相手などには鉄壁で積めるとは言え、あまり安定するとは言いきれないです。

 

 メガ枠にはクチートメタグロスギャラドスなど威嚇や対面性能が高いポケモンを仕込んでみたいですね🤜💥🤛

 

 他には残飯ヒードラン、穏やかテッカグヤメガボーマンダと組ませてサイクルを回す戦い方も面白いと思っています

 

 

というわけで、もしこれからこの型のコケコが流行りだしたら起源主張したいくらいですね(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


(追記時)2018/1/17 

 アシキさんの動画にて鉄壁コケコが紹介されましたね!カバドリュに組み入れることによりコケコの苦手なスカーフテテフやアーゴヨン、リザXなどに牽制することが出来るのは強いなと思いました!

 

ダメージ計算

本ダメ計では候補1での計算をしております。候補2のダメ計につきましては後述かややこしくなりそうでしたら別の型として後の記事にて紹介していこうと思ってます。

 被ダメ(素)

意地ミミッキュ(以下同様)のミミッキュZ

84%~99.4%

ミミッキュのシャドークローZ

62.2%~73.7%

ミミッキュのじゃれつく 

40%~48%

ミミッキュのかげうち

18.8%~22.2%

意地メガバシャーモフレアドライブ

78.8%~93.1%

意地メガボーマンダ地震

82.2%~97.1%

陽気メガメタグロス地震

75.4%~89.1%

陽気メガメタグロスアイアンヘッド

58.2%~69.1%

陽気メガメタグロスバレットパンチ

29.1%~34.8%

 

被ダメ(B2↑)

無振りカバルドンのじしん

37.7%~45.7%

意地ミミッキュミミッキュZ

42.8%~50.2%

陽気メガメタグロス地震

38.8%~45.7%

陽気ガブリアス地震

52.5%~62.8%

意地ランドロス地震

61.7%~73.1%

陽気メガメタグロスバレットパンチ

14.2%~17.7%

 

与ダメ

EF10万ボルトZ

H4振りミミッキュ

103.8%~123.6%

無振りメガバシャーモ

110.3%~130.3%

無振りメガルカリオ

131.1%~155.1%

無振りメガメタグロス

85.1%~100.6%(乱数6.3%)

無振りメガギャラドス

134.5%~159%

H振りヒードラン

68.1%~80.8%

穏やかHDヒードラン

50.5%~59.5%

H振りギルガルド(シールドフォルム)

61%~71.8%

 

与ダメ

10万ボルトZ

H振りカプ・レヒレ

85.8%~102.8%(乱数12.5%)

 

…とまぁこんなところですかね!

 特に重要なのはメタグロスですかね?コケコのHPを半分残しておけば、バレットパンチが無ければ(あるならば6割残しておけば)鉄壁から羽休めで追いつくのが強いですね!なので、グロスから特殊アタッカーに変えられても上記の体力を残していれば良いのでこの辺は覚えておきたいところですね!

 

与ダメにつきましては個人的に特筆性のあるべきものならどんどん追加更新していきたいですね〜。

 

本記事はこれにて投稿したいと思います!

 

なにか質問などございましたらコメントなり以下のTwitterアカウントにご連絡ください!

 

ID: @kizu2anipoke

ヨノワの起点作りからのポリゴンZ

うーっす!ktです!
最近とっても寒いですねぇ❄😖❄


追記:タイトルをポリゴンZについてとしておりましたが、内容にあまりにヨノワールへの記述が多いと思い、ポリゴンZ目的の方の為には少々タイトル詐欺を醸し出してるのではないかと考えタイトル変更を行いました。


起点作り型ヨノワール
http://kizuku22382383.hatenablog.com/entry/2017/11/13/113707


先週、上記の起点作り型ヨノワールについての記事を書いたと思いますが、今回は更に詳細な起点作りについて説明した後に、積みエースとして挙げたポリゴンZについての記事にしたいと思います!

  • おみとおし

まず、相手の道具を見透かします!見透かすことで、後続のポケモンの予想や持ち物の推定、そのポケモンの役割など様々な情報アドバンテージを得られます。(👍-⊡ω⊡)👍

  • がんせきふうじ

つぎに、後続のポリゴンZより速いであろうポケモンに対してポリゴンZが安心して積めるようにS操作していきます。

あとはきあいのタスキを潰す役割も持っています。

イカサマダメを減らしたい場合は性格をAダウンのものにして、こごえるかぜで取って代えても良いのですが、ウルガモスへの打点やメガリザードンYへの打点としても重要なのでそこは裏のエース次第と言える。

  • ちょうはつ

ダウンロードポリゴン2などのトリックルーマーに対する技になります!またカバルドンのステロ欠伸 🐏😴💤 もSに20以上割いてない限り防げます。

この技の撃ちどころは割と重要で、電気Z霊獣ボルトロスに対しても挑発から入ることで悪巧み高速移動型に対して次の技が安定して入れられます。

きあいだま持ちの場合でも電気Zを撃たれなければC2↑10万を耐える為岩石封じが安定します

なお、悪巧み→電気Zは裏が素のポリゴンZの場合C2↑10万を耐えないので唯一の負け筋なので後続にはケア出来ます。

  • おきみやげ

起点作りの大骨頂ですね、物理、特殊相手どちらにも撃てます。

起点作りと同時に起点回避も出来るので優秀技ですね。

身代わりへは貫通せず失敗するのでその場合は下の技を撃ちましょう。

  • のろい

最後の技はゴーストタイプ特有の技。この技は身代わり対策となります!

上記で述べた通り、基本的には身代わり相手に貫通して打てる置き土産に変わる自主退場技となります。

こちらも起点作りと起点回避を同時に行えて、かつ毎ターン1/4ダメと圧力をかけるので優秀ですね。



上記の5つの起点作りを様々なパターンで後続のサポートしていきます。

お見通しで且つ、こごえるかぜを含めて、これら全てが撃てるのは、ノワール系統だけです。(無効タイプのあるエレキネットやじならしは未調査)




さて、前置きが長くなりましたがここからが本題のポリゴンZについてですZ(゜Д゜Z)ゼ-トッ

上記のサポート方法から、どんな型にするか考えていきます。

まず、最低でもおみとおしによる道具が見透かし(👍-⊡ω⊡)👍 はできます。そして、その後ヨノワール一撃で落とされたり眠りや怯み、痺れにより何も出来ない場合を除くとそれにさらに加えて、

パターン①岩石封じ、パターン②置き土産、パターン③ちょうはつ 👎、パターン④のろい 😱、のどれかもしくは複数パターンが入っている可能性は高い。

このことから、ポリゴンZは、岩石封じによるSサポートor置き土産によるAC2↓サポート、変化技封じ、呪いによる毎ターン1/4ダメ期待の上で、テクスチャーZの全能力一段階上昇の点から最低限の火力を保持で充分かつ、起点後は耐久寄りによりにして相手をじわじわと抜いていくための努力値の振り方がベストであると考えられる。


というわけで、有名な型を参考にしたものを採用した。(下記を参照)

永久保証ポリゴンZ
http://d.hatena.ne.jp/yuki_rotom/touch/20170921/1505998613

上記ポリゴンZの説明は記事をご覧になっていただければ分かると思います。

この型のデメリットは、H4B252振りの為、特殊に対して若干薄くなってしまうことが挙げられる。

そして、上記努力値振りが採用された理由である特殊方面の耐久の薄さで自己再生が無いと考えさせられることも、昨今の永久保証ポリゴンZの蔓延化してしまったことにより薄れてきつつある。(が、それでも尚強い)

さらに、ミミッキュに対して、じゃれZ+じゃれ+かげうちをテクスチャー後に耐える調整であるが、ウルトラサンムーンになり、ミミッキュZが出たことにより安定しなくなることが考えられる為である。

そこで本稿では、上記の耐久を出来るだけ保持しつつ特殊方面に対しても若干だが硬くなるポリゴンZを紹介したい



f:id:kizuku22382383:20171122113212j:plain



ポリゴンZ@ノーマルZ おくびょう

10万ボルト 冷凍ビーム テクスチャー 自己再生

努力値 100-0-244-60-4-100
ステータス 173-x-121-163-96-135

さて、上記の永久保証ポリゴンZと比較して物理耐久は、メガボーマンダの意地すてみタックルが、

永久保証ポリゴンZ
81.9%~96.8%

本稿のポリゴンZ
83.8%~99.4%

…と、最低限確保しておきたいメガボーマンダの意地すてみを耐えることで、ボーマンダに対して対面から積むことが最安定択となります。

さらに補足として、耐久指数にすると、永久保証の物理耐久は21574、本稿は20933で比較すると3.03%down、一方特殊耐久指数は、永久保証は15466、本稿は16608で、7.38%upと少しだけお得になってます!

一応実例を挙げると、控えめスカーフウルガモスの火炎放射をテクスチャー後に永久保証の低乱数2発(約31%)が、本稿では超低乱2発(0.39%)程度となる。


ミミッキュに対しては妖Z系統持ちのAB型や呪い持ちには(相手の立ち回りしだいですが基本的には)勝てません、が!目一杯削って後続で頑張りましょう˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·Z

初手にABミミッキュが出てきた場合に備えてヨノワールのSを83まで上げてがんせきふうじ後上から置き土産を撃てるようにするのも考えられます。

その際はHSベースにすると耐久を確保しつつ抜き性能も高く仕事できるかと思います!


ここまで考察してきましたが、参考になりましたでしょうか?


彼もヨノワールと相性が良くてイイ!!のでお楽しみください

P.S. ウルトラサンムーンでのシングルレートでも絶賛活躍中ですので、シーズン終わり…には記事に出来たら良いなと思ってます。

さらに追記: 過去記事でも述べましたが論文制作で次回記事をいつ上げられるかは未定です